ファクタリングは売掛先が個人でも利用できる?注意点や審査通過のコツ

ファクタリング利用を検討している方の中には「売掛先が個人(個人事業主やフリーランス)でも利用できるの?」といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

ファクタリング審査では売掛先の信用力が重視されるため、経営状況が安定しており支払い期日に入金できる支払い能力があるかが重要のポイントになります。ファクタリング会社からすると売掛金が入金されず、支払い遅延や貸し倒れを一番恐れています。

では売掛先が個人であった場合はどうなるのでしょうか。今回は売掛先が個人の場合に審査に通るのか・カバーするためにはどうすれば良いのかを解説していきます。

目次

結論:ファクタリングは売掛先が個人事業主やフリーランスの場合は審査通過しづらい

結論からお伝えすると売掛先が個人(個人事業主やフリーランス)の場合は買取NGとなっていることも多く、審査落ちとなる可能性が高いです。ではなぜ売掛先が個人の場合だと審査落ち・買取対象外となるのでしょうか。大きな理由は下記の3つです。

  • ファクタリングでは個人(法人格ではない)という特性上は信用度が低い
  • 個人の場合は事業や経営実態がつかみづらい
  • 個人の場合は税金滞納や確定申告をしてない方もいる

理由1:ファクタリングでは個人(法人格ではない)という特性上は信用度が低い

ファクタリングで個人が売掛先の場合に審査が通らない・買取NGな1つ目の理由は、信用度が低いという理由です。法人の場合は登記簿謄本を第三者が誰でも閲覧・取得ができます。

また対外的に代表者名・役員・所在地・資本金が公開されているため、売掛金が回収できないという自体になった時に、簡単に逃げることはできません。法人企業は一定の社会的な信用度があり、法人として登記されているためファクタリング会社としては審査を通しやすいです。

しかし売掛先が個人の場合にはその人がどんな事業を行なっていて、住所は正しいのか・本当に実在する人物なのかを特定するのは困難です。住所や存在を特定できず信用度が低い相手の売掛債権を買い取るのは、ファクタリング会社としては大きなリスクです。

この点から考えると売掛先が完全な個人の場合は、与信能力が法人企業よりも低いため審査で落とさざるを得ないということです。

ただしペイトナーファクタリングバイオンは売掛先が個人でも買取対象にしている珍しいファクタリング会社です。どうしても売掛先が個人でも利用したい場合は、ペイトナーファクタリングを利用しましょう。

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

理由2:個人の場合は事業や経営実態がつかみづらい

ファクタリングで個人が売掛先の場合に審査が通らない・買取NGな2つ目の理由は、事業内容や経営実態が把握しづらいという点です。

売掛先が個人ではなく法人企業の場合は登記簿謄本を取得しなくても国税庁の法人番号検索サイトで、どこに法人登記があり・いつ移転したのかがすぐにわかります。そのためファクタリング会社は、わざわざそこに訪問しなくとも、どこで事業をしているか分かります。

しかし個人の場合は事業運営や経営実態がつかみづらく、自宅で開業しているケースでは、外見的には一般住宅に個人が居住しているだけといった見え方になります。

また個人の場合には登記情報もないため、本当にその住所で事業運営を行っているのかが不透明です。そのため事業実態がないペーパーカンパニーとして、偽造した請求書をファクタリング審査に出すということもできてしまいます。

そのため架空の請求書を偽造して、ファクタリング会社から資金を騙し取る詐欺行為が可能なため、業者としてはリスクが高い取引になるのです。

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

理由3:個人の場合は税金滞納や確定申告をしてない方もいる

ファクタリングで個人が売掛先の場合に審査が通らない・買取NGな3つ目の理由は、税金滞納や確定申告を提出していない場合もある点です。

ファクタリング審査では売掛先の信用力が重視されますが、売掛先の個人情報の照会は行いません。売掛先が個人の場合は納税義務を果たしていない可能性もありますし、過去に返済遅延があるといった信用情報がブラックリストかどうかも判断がつきません。

また確定申告を行なっておらず社会的な義務を果たしていない可能性もあります。しかしファクタリング会社としては信用情報を照会しないため、売掛先が個人の場合はこうした情報を確認するすべがありません。

そのためファクタリング会社としてはリスクを回避するために、売掛先が個人の場合は取引を避けることが一般的です。

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

売掛先が個人でもファクタリング利用ができる条件・5つのポイント

売掛先が個人の場合はファクタリング利用は難しいことを解説してきました。では売掛先が個人の場合に審査通過するポイントはどのようなものがあるのでしょうか。ポイントとしては下記の5つです。

  • 一定の事業運営実績がある
  • 継続した取引を確認できる
  • 対外的な知名度が高い個人の場合
  • 個人・個人事業主が買取対象であるファクタリング会社に依頼する
  • ホームページを持っている個人が売掛先の場合
  • 請求書に固定電話の番号がある個人が売掛先の場合

(1)一定の事業運営実績がある

売掛先が個人でもファクタリング審査に通過する1つ目のポイントは、一定の事業運営実績があることです。個人事業主として開業届を提出しており、3〜5期ほどの事業実績がある個人の場合はファクタリング会社もある程度信用してれます。

一般的に3年で廃業になると言われている起業の世界なので、その3年を乗り越えているということは、一定の実力があり事業運営として評価をしてくれるでしょう。

これは個人事業主やフリーランスに限らず、法人でなくとも社会的な信用度は高いという判断ができます。そのため4〜5期以上の事業運営実績が継続できていれば、ファクタリング会社にこの事実を伝えるようにしましょう。

(2)継続した取引を確認できる

売掛先が個人でもファクタリング審査に通過する2つ目のポイントは、継続した取引があることを確認できるという点です。

売掛先が個人の場合であっても、売掛金の入金が継続して支払われている・入金に遅延がないということが確認できれば、「継続したビジネス関係・取引関係にある」という判断となります。

先ほども触れたようにファクタリング審査の必要書類の中には、通帳コピーが入っていることが多いです。通帳履歴から半年〜1年間で毎月一定の入金があり、支払い遅延もないということであれば、安定した取引先であるという判断がされるでしょう。

(3)対外的な知名度が高い個人の場合

売掛先が個人でもファクタリング審査に通過する3つ目のポイントは、対外的な知名度が高い個人の場合です。個人事業主の方の中には、法人化をせずに個人としてSNSや社会的な知名度が高い人もいます。

こうした個人が売掛先の場合ならば社会的な信用度も高いと評価され、売掛金を支払わないといったリスクも低いと考えられます。このような特殊なケースであれば、一般的な中小企業の売掛債権をファクタリング審査に出すよりも、審査通過率は高くなるかもしれません。

(4)個人・個人事業主が買取対象であるファクタリング会社に依頼する

売掛先が個人でもファクタリング審査に通過する4つ目のポイントは、売掛先が個人・個人事業主でも対象と謳っている業者に依頼することです。

先ほど紹介したペイトナーファクタリングバイオンのように、公式ホームページ上で売掛先が個人の場合でも買取対象と記載がある場合は問題なくファクタリング利用ができます。ペイトナーの場合は売掛先が個人事業主の場合であっても、買取対象であることが明記されています。

Q:どんな請求書が買取の対象となりますか?

A:①利用日から支払い期日が70日以内であること。

 ②取引先からの支払いが確定し、契約変更の恐れがないこと。

  ③請求先が法人または個人事業主であること

  ④受け取り方法が銀行口座振込であること

  ⑤取引先の情報がなるべく正しく請求書に記載されていること

引用:ペイトナーファクタリング どんな請求書が買取対象ですか?

Q:売掛先が個人なのですが、申請は可能ですか?

A:はい。可能です。バイオンでは、業種、法人・個人問わず申請いただけます。

引用:バイオン 売掛先が個人なのですが、申請は可能ですか?

ただし注意点としては個人の売掛債権を買取対象としている場合は、手数料が高めに設定されている・買取上限が少額といった傾向があります。しかし他者で断られてしまうよりは、買い取ってもらえる分はマシであるといえます。

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

(5)ホームページを持っている個人が売掛先の場合

売掛先が個人でもファクタリング審査に通過する5つ目のポイントは、公式ホームページを持っているかどうかです。法人企業に関しても同様のことが言えますが、公式ホームページがある場合はある程度は対外的に自信をPRしています。

またホームページに住所や連絡先を掲載していれば、登記簿謄本ほど効果的ではありませんが、一定の信用力があると判断されることもあります。

そのため売掛先が個人の場合でホームページすらない場合は、審査落ちとなる可能性が高いため注意しておきましょう。

(6)請求書に固定電話の番号がある個人が売掛先の場合

売掛先が個人でもファクタリング審査に通過する5つ目のポイントは、請求書に固定番号が記載されているかどうかです。固定番号を持っているということは、専用の事務所やオフィスを借りていることがわかります。

自宅で開業している場合は完全に個人の電話番号の可能性もありえますが、固定電話を開示しているということは姿を消すといったリスクは低くなります。

逆の立場で考えてみるとわかりますが、悪徳なヤミ金業者の場合は固定電話をホームページに記載しておらず、いつでも引っ越せるようになっているのと同じ理屈です。

個人事業主の場合は登記簿謄本がないため、ホームページや固定電話などで少しでも事業実態があるという事実を、積み重ねていくことが重要です。

法人企業の売掛債権よりも個人事業主の方が慎重な判断をされるため、提出書類が多くなる可能性もありますが、着実に問題がないことを証明していくのが大切なポイントです。

売掛先が個人でも買取対応のおすすめファクタリング会社3選

ペイトナーファクタリング – 初期/月額0円/入金まで最短10分で即日入金/通帳なしでOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。通帳がなしでも利用ができWeb完結のため審査スピードも早く、最短10分で入金されます。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

No.1 初回手数料50%割引/乗り換え満足度ほぼ100%/手数料1%~/債権譲渡登記&諸経費0円

株式会社No.1は初回手数料が50%割引に加えて、自社の公式ブログで売掛先が個人の場合でも買取相談に応じると記載がある諸経費が0円・債権譲渡登記が不要なオンライン完結ファクタリング会社です。

最低買取金額も10万円からと少額ファクタリングに対応しているため、個人事業主やフリーランスなど小さな取引を行っている方にもおすすめのファクタリング会社といえます。

また乗り換えにはおすすめで他社よりも高額買取を保証と記載があります。入金スピードも早く最短で60分入金、手数料も1%からと低水準なのも特徴です。

オンライン契約にも対応しているため、手続きに手間を感じている方や入金スピードに不満がある方はぜひ乗り換え相談をしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1~15%最短60分10~5,000万円銀行口座の情報/売掛金の証明書
取引先との基本契約書
※5000万円以上は別途ご相談

バイオン 完全オンライン完結のAIファクタリング/即日入金可能/最短60分

バイオンは即日審査・即日入金に対応しているAIファクタリングです。申込みから契約締結までが全てオンラインで完結するため、スピーディーに資金調達が可能です。

またフリーランスや個人事業主でも利用を受け付けており、資金繰りを改善したい小規模法人におすすめのAIファクタリングです。買取金額も上限がないため、大きな売掛債権の売却検討している方でも利用できます。

売掛先が個人の場合であっても買取対象となっているため、少額ファクタリングを希望に方におすすめです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分5万円〜上限なし本人確認書類/請求書
全銀行口座の入出金明細(3ヶ月分)
直近の決算書

個人事業主おすすめファクタリング会社10選!手数料・入金スピード比較

次は個人事業主やフリーランスにおすすめの少額ファクタリング(10万円未満)に対応している、即日入金ファクタリング会社を紹介していきます。必要書類も少ないため審査に時間がかからずおすすめの会社です。

サービス名通過率手数料入金スピード買取可能額必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー/決算書
※3つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%~2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分
審査時間10分
1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ベストファクター92%2%~最短1時間
審査時間30分
30万〜1億円本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング98%2%~2時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5~10%3時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー/請求書
身分証明書 ※3つのみ

labol 通過率90%/土日祝日/最短60分/24時間即日入金のAIオンラインファクタリング

  • 審査通過率90%以上/個人事業主やフリーランス特化
  • 最短60分入金/土日祝日も24時間365日即時入金
  • 通帳コピー不要で必要書類は3つのみ/1万円から買取OK

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けのAIオンラインファクタリングで、審査時間は最短10分・土日祝日も最短60分で24時間即時入金・審査通過率90%・必要書類も3つと少なく通帳コピーが不要で、スピーディーに資金調達できます。

ラボル一番の特徴は土日祝日も含めて365日審査受付・最短60分で24時間即時入金で、いつでも入金してくれます。24時間即時入金はラボルのみで、通常のファクタリングでは土日は営業しておらず、審査通過しても入金までに2〜3時間はかかります。

Q:申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?

A:申請をいただいてから、最短60分で審査が完了します。審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。

引用:labol(ラボル)公式ホームページより

また買取金額は1万円〜・手数料は一律10%も強みです。一般的に30万円未満など買取金額が小さいと、手数料は上限値の10〜20%が適用となります。しかしラボルは一律10%なので少額利用でも手数料が大きくなりません。

提出書類としては通帳コピーは不要で請求書・本人確認書類・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。運営会社のラボルは東証プライム上場企業のセレス株式会社の100%子会社のため、安心して利用できます。

取引形態通過率手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング90%以上一律10%最短60分1万円〜本人確認書類/請求書 ※3つのみ
取引を示すエビデンス
※取引先とのメール・Slackなど
※土日祝日・年中無休で審査通過後は24時間即時入金

関連記事
ラボルは土日審査可能!営業時間や入金スピードを解説
ラボルの審査は遅い?土日対応は?審査通過率や入金時間
ラボル審査落ち6つの原因と対策!口コミや評判を分析・通過のコツ
ラボルはヤミ金ではない!口コミや評判から噂を解説

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜のオンラインファクタリングサービスです。提出書類は最も少なめで請求書と通帳の2点のみでOKです。無料登録を行い必要事項を入力するだけで1〜2分で申込でき30分程度で見積もり提示となります。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率が98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要な提出書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング1%〜2時間
審査時間30分
制限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

ビートレーディング 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングです。必要書類も請求書・通帳コピーの2つのみで、審査時間は30分・最短2時間入金と早いのが特徴です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

必要書類も通帳コピー・請求の2つのみで最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
上限下限なし通帳コピー
請求書 ※2つのみ

ベストファクター 最短1時間入金/審査通過率92%/5分でわかる買取診断/面談不要

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

日本ビジネスリンクス JBL 最短2時間入金/オンライン完結/乗り換えほぼ満足度100%

日本ビジネスリンクスは最短2時間の即日入金が可能なファクタリング会社で、オンライン完結のためスピーディーに資金調達が可能です。

また他社利用中の方の乗り換え満足度はほぼ100%と、好条件での利用を保証との記載があるため、現在のファクタリング会社に少しでも不満がある方は相談をしてみましょう。

手数料も業界最安水準のため手元に残る現金も多くすることができます。また高価買取キャンペーンも実施しており、AI査定で10秒で資金調達できる金額を簡単にチェックすることができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜即日/2時間〜1億円買取対象の請求書/身分証明書/決算書
通帳・当座照合表/取引先との成因資料

えんナビ 最短1日で資金化/手数料最低水準/土日対応/個人利用もOK/オンライン完結

えんナビは24時間土日対応で50万円からの少額債権も買い取り対応を行なっている3社間のオンラン完結ファクタリング会社です。現金化のスピードも早く最短で1日で資金調達が可能です。

顧客満足度は93%と非常に高いのが特徴で、手数料も5%〜と業界最安水準のためリピーターも多いです。ノンリコース契約(償還請求権ナシ)のため、もしもの場合にも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
5%〜1日50〜5,000万円対象となる請求書と3ヶ月分の通帳など

MSFJ 個人事業主特化/最短60分入金/審査通過率90%のオンラインファクタリング

MSFJはファクタリング手数料が3.8%〜から利用が可能で、手数料以外の費用は発生せず、乗り換えで手数料を50%割引を行っている好条件のオンライン完結ファクタリング会社です。

非対面型のオンラインファクタリングのためスピード審査・スピード契約が可能で、最短60分で即日資金調達ができます。また審査通過率は90%以上と非常に高く、個人事業主やフリーランスの方にも対応しています。

また提出書類も少なめで身分証明書・請求書・通帳コピーの3つで利用ができ、10万円からの少額ファクタリングにも対応しています。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
3.8〜9.8%最短60分10〜5,000万円身分証明書/確定申告書※個人
通帳履歴のコピー(3〜6ヶ月程度)
売掛金を証明する書類

アクティブサポート 個人OK/少額の300万円まで即日入金/手数料2%〜/審査通過率90%

アクティブサポートは年間支援実績が1,000件、審査通過率は90%を誇る即日入金に対応しているファクタリング会社です。提出書類も少なめで通用コピー・請求書の2つで利用できます。

契約方式も面談契約・出張契約・郵送契約(即日は不可)の3つから選ぶことができ、印紙代や交通費など手数料以外の費用は不要です。また通帳のコピーと請求書の2点で最大300万円まで即日入金に対応しています。

個人事業主の利用も可能で30万円からの少額債権買取対応・最短30分で無料見積もりを行なっているため、資金繰りに困っている方はぜひ無料見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜即日即日300万円まで
30〜1,000万円
通帳のコピー
売却する請求書

yKJVapyt_bV7f3P6AFocIRX1gNiNKHpE8IZJvSUCE_M