OLTA(オルタ)の審査は厳しい?審査落ちの原因・口コミや評判

OLTA(オルタ)について調べていると「OLTA 審査 厳しい」や「OLTA 審査落ち」・「オルタ 口コミ」というワードで、月間100回以上も検索されています。

OLTA(オルタ)は中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリングでNo.1のAIファクタリングですが、利用者の口コミや評判はどうなのでしょうか。今回はOLTA(オルタ)の審査が厳しいのか?審査落ちの理由や口コミ・評判について解説していきます。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

審査通過率90%以上・審査時間30分のおすすめファクタリング会社

サービス名審査通過率手数料入金スピード買取上限必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー
※2つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
ビートレーディング98%2%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
2つのみ
ベストファクター92%2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書 ※3つのみ

目次

OLTA(オルタ)の審査は厳しい?必要書類/入金スピード/手数料/個人事業主の利用

運営会社OLTA株式会社
取引形態2社間ファクタリング
手数料2〜9%
審査通過率非公開
買取金額制限なし
利用対象者個人事業主・フリーランス・法人企業
審査時間審査書類が揃ってから24時間以内
入金スピード最短即日
必要書類本人確認書類・請求書
すべての事業用銀行口座の普通預金
当座預金の直近4カ月分の入出金明細
法人:決算書
個人:税務署の収受印付き確定申告書B第一表
手続きオンラインファクタリング
営業時間平日10:00〜18:00
債権譲渡登記なし
サービス詳細https://www.olta.co.jp/

OLTA(オルタ) は中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリングでNo.1のAIファクタリングです。

累計申込み金額は1,000億・累計事業者10,000社と、AIファクタリングの中では実績も豊富です。審査・入金スピードも早く、必要書類が不備なく揃っていれば24時間以内に見積もり結果の回答がきます。

契約完了後は即日・もしくは翌営業日に入金されます。また手数料以外に諸経費が発生するファクタリング会社もありますが、諸経費は0円で利用ができます。

OLTA(オルタ)の必要書類は他のAIファクタリングより多め

まずOLTA(オルタ) の必要書類は他のAIファクタリングサービスと比較すると、提出書類は多いのが特徴です。OLTA(オルタ)の必要書類は下記のとおりです。

Q:申込み(審査)に必要な書類は何ですか?

A:①本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード、2012年4月以降交付の運転経歴証明書)

  ②請求書

  ③すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4カ月分の入出金明細(通帳)

  ④法人の場合:昨年度の決算書(勘定科目内訳明細全ページ含む)

  ④-1個人事業主の場合:税務署の収受印付き確定申告書B第一表
  ※電子申告の場合は、確定申告書および電子申告時の送信票(受付日時、受付番号記載)

  ※初年度で決算や確定申告が未だの場合の書類は以下です。
  法人:残高試算表(貸借対照表と損益計算書)  個人事業主:収受印付きの開業届

引用:OLTA(オルタ)よくある質問

OLTA(オルタ)と同様のAIファクタリングで、利用者が多いペイトナーファクタリングlabol(ラボル)の必要書類は下記の3つのみです。

サービス名必要書類
ペイトナーファクタリング請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)
labol(ラボル)本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

またペイトナーファクタリグの場合は初回は本人確認書・通帳履歴が必要ですが、2回目以降は請求書のみで利用可能との記載もあります。しかしOLTA(オルタ)は2回目以降でも請求書・最新の決算書・通帳コピーの提出が必要です。

加えて審査申し込み後は電話でのヒアリングが実施され、必ずアンケートに回答する必要があります。

OLTA(オルタ)の審査が厳しいと言われる理由の1つで考えられるのは、上記のように必要書類が多いことがあるかもしれません。

OLTA(オルタ)は最短即日入金で資金調達が可能

OLTA(オルタ)の入金スピードは他のAIファクタリングと同様に、最短即日入金に対応しています。審査時間は必要書類が揃ってから24時間以内としています。

また他のAIファクタリングの場合は最短10分〜60分といった記載がありますが、OLTA(オルタ)はこうした記載はなくあくまでも最短即日入金という記載はありますが、それ以上の明確な記載はないようです。

OLTA(オルタ)は買取制限がなく個人事業主から法人企業まで利用できる

ただし他のAIファクタリングとOLTA(オルタ)が違う点は、買取可能金額の制限ないという点です。他社の場合は1万円〜・初回申請時は25万円まで・買取上限が100万円までといったケースもあります。

OLTA(オルタ)は買取下限・上限を設けていないため、個人事業主やフリーランスから法人企業まで幅広い方が利用できるのが特徴といえます。

OLTA(オルタ)クラウドファクタリングの運営会社情報

OLTA(オルタ)はどのような会社なのでしょうか。下記がOLTA(オルタ)の会社概要です。

運営会社OLTA株式会社
代表取締役澤岻 優紀
所在地東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 4F
設立日2017年4月14日
資本金44億2,184万円(資本準備金含む。2023年3月末時点)
取引金融機関三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行

OLTA(オルタ)はいわゆるフィンテック業界のスタートアップ企業で、ベンチャーキャピタルや銀行から多くの資金調達をしていることでも知名度が高いです。

PRタイムズの内容を見ると2023年6月21日には総額約25.3億円の資金調達を実施しており、累計調達額は約57.1億円となっています。基本的にスタートアップ企業は上場を目指しているため、ヤミ金業者の心配をする必要はない安心な企業といえます。

OLTA(オルタ)の審査は厳しい?良い口コミや評判・メリットを分析

OLTA(オルタ)の評判や口コミを調べましたがほとんどが良い口コミで、審査が厳しいといった投稿は少なく評価レビューも高い状態をキープしていました。

Googleマップには9件の口コミがあり5点中3.9点・ファクタリング会社の口コミでは49件の口コミがあり、5点中3.9点と高いです。

大手銀行ともパートナー契約があり信頼性が高い

OLTA(オルタ)は地方銀行や大手金融機関と提携しており、信頼性が高いのが特徴です。実際のOLTA(オルタ)に関する口コミ・評判でも信頼性や安全といった投稿があります。

安全かつ便利

取引のある銀行からの紹介です。運営会社が判然としないファクタリング会社が多い中、OLTAが提携している銀行数が多い(=サービスの信頼性が高い)点が決め手となりました。支払いサイトは長めでも大丈夫です。翌々々月初(3ヶ月後の頭)払いの請求書でも受理されたのは意外でした。もちろん売掛先の安定度は必須条件でしょう。そこさえクリアできれば、特に難しい所はないサービスです。

引用:ファクタリング会社の口コミ

効率的で信頼性高い

長年にわたり信頼されてきた会社なので、プライバシー保護や取引の安全性が配慮されています。書類の手続きや申請の対応がスピーディで、効率的なファクタリングサービスを提供してくれています。

引用:ファクタリング会社の口コミ

OLTA(オルタ)はさまざまな銀行と提携しており、公式に発表しているPRタイムズには下記のような記載があります。

より地域に密着した中小企業・個人事業主様のサポートを目指す。 ・今回の提携により、OLTAがクラウドファクタリング事業でOEM提携する金融機関は36(銀行27行、信金9庫)に。

引用:PRタイムズ

銀行から紹介してもらえたというのも、こうしたパートナーシップがあるためでしょう。

最短即日入金で電話対応も良い

またGoogleマップの口コミでは電話対応もよく、すぐに入金してもらえたという声もあります。OLTA(オルタ)はAIファクタリングのため、審査申し込みから入金までが早いのが特徴です。

電話対応も良く、すぐに入金いただけた。素晴らしいサービス。

引用:Googleマップ

即日に現金化できたのですごく満足

ファクタリング自体は利用したことがありましたが、クラウドで利用できることは知りませんでした。 申し込みから入金までがすべてオンラインで完結する点はかなり画期的で便利でした。 実際に私も店舗まで行くことなく現金化することができました。 

引用:ファクタリング会社の口コミ

個人事業主でも柔軟かつスピーディーに対応してくれた

またOLTA(オルタ)は個人事業主やフリーランス・中小企業経営者が選ぶオンラインファクタリングで1位です。そのため個人事業主であってもスピーディーに入金してもらえたという声もありました。

柔軟な対応でした

申込みは非常にシンプルです。審査結果は1営業日以内に届きました。提出書類は免許証、請求書、事業用口座の入出金明細 あと私は個人事業主なので、決算書の代わりに確定申告書を提出しました。特に問題なく利用ができました。

引用:ファクタリング会社の口コミ

スピード感がありました

審査の回答から入金まで迅速な対応で助かりました。 個人事業主だからといって、後回しにされるような事はなかったです。

引用:ファクタリング会社の口コミ

ファクタリング会社では少額ファクタリングは避けられる傾向にあります。理由としては金額が大きくても小さくても、審査にかかる工数は同じな一方で、金額が小さいとファクタリング会社の利益は低くなるためです。

しかしOLTA(オルタ)は人の手で審査を実施しないAIファクタリングのため、個人事業主やフリーランスなどの少額債権を得意としているが特徴です。

他社と比較して手数料が安い

またOLTA(オルタ)は他社と比較して手数料が安いという声もありました。ファクタリングでは必ず買取手数料が発生しますが、手数料が高いと事業運営に影響が出てしまいます。その点では審査がしっかり行われて、手数料が低いのは利用者は嬉しいポイントです。

手数料が安いです

今までは地元のファクタリング会社を利用してましたが、手数料に疑問を感じていたので、オルタさんに乗り換えました。 悩みだった手数料は利用していたとこより6%も低くなったので大満足です。面談がないので、全国どこからでも利用できるのも助かりました。

引用:ファクタリング会社の口コミ

OLTA(オルタ)と他社のファクタリング会社の手数料を比較してみましょう。

会社・サービス名手数料
OLTA(オルタ)2〜9%
labol(ラボル)一律10%
ペイトナーファクタリング一律10%
フリーナンス3〜10%
アクセルファクター2〜20%

継続利用をしていきたい

またOLTA(オルタ)の評判や口コミで良かったものとしては、手数料が安く審査もスピーディーで今後も利用したいという投稿もありました。

今後も利用したい

今までに数々のファクタリング企業を利用してきましたが、すべてにおいて一歩先を行く企業だと思ってしまいました。 AIによる審査ですべてがオンラインで完結するので、必要書類さえ用意しておけば、すぐに入金してもらえます。 手数料も10%は超えてくる企業が大半なので、最大でも9%は素晴らしいと思います。継続的に利用することで5%以下になってくれたら最高なんですが、今後も利用したいのでよろしくお願いします。

引用:ファクタリング会社の口コミ

OLTA(オルタ)の審査は厳しい?悪い口コミや評判・デメリットを分析

次はOLTA(オルタ)に関する悪い評判・口コミを見ていきます。

審査落ちの理由がわからない

次はOLTA(オルタ)は審査落ちの理由は開示していないため、なぜ落ちたのかは連絡をしても分かりません。ただしOLTA(オルタ)の場合は審査書類が多めなので、落ちた理由はある程度推測ができるかもしれません。

後半ではOLTA(オルタ)で審査落ちとなる理由や対策についても解説していきます。

買取不可の理由は開示されず

とある売掛債権を買取ってもらう予定だったのですが、審査に落ちてしまいました。 問題は、審査落ちの理由が開示されなかったことです。おそらく支払いサイトの関係だと思うのですが、コロナで売上が落ち込む自動車部品を扱う会社だったので、それが理由だったのかもしれません。 その後は別の債権で申込みを行い、そちらの審査には通りました。ただ審査落ちの理由が予め分かっていれば、売掛債権の選定に悩むこともなかったのですが。

引用:ファクタリング会社の口コミ

審査通過したのに後になって審査落ち連絡が来た

OLTA(オルタ)の悪い口コミ・評判の中には審査通過と言われたが、入金がないため連絡すると審査落ちだったと伝えれた方もいるようです。

一旦審査OKしておいて、入金なく不審に思い半日たって連絡すると、急に態度が変わり折り返し連絡あり、やはり審査不可の連絡が査定担当なる男性から連絡きた。会社パニック。精査して問い詰めたら、最終的には、上層部?で審査してるとか。全然AIではないし。ペーパーレスを悪用し個人情報を盗んだ事による詐欺行為です。皆さん気を付けましょう。

引用:Googleマップ

少し古い口コミのため当時はAI審査の精度が高くなく、あらためて確認した時に審査条件を満たしてないという判断になったのかもしれません。

審査結果の回答が遅い

またOLTA(オルタ)の悪い口コミ・評判の中には審査が遅いという投稿もありました。

素早い対応とは言えない

審査結果は24時間以内に返ってくるとありますが、それは必要書類が全て揃った上でのことです。さらに正確には24時間以内ではなく1営業日以内なので、土日祝日は手続きがストップした状態になります。 加えて、個人が申し込む場合は請求書と申告書で行けるようですが、法人の場合は必要書類の枚数が多いため時間を取られました。 即日振込みは期待せず、スケジュールに余裕をもたせた上での利用を推奨します。

引用:ファクタリング会社の口コミ

この口コミに関しては営業日を考慮していなかったということも考えられますが、基本的にファクタリング会社は土日の営業を行なっていません。そのため審査申込のタイミングによっては、即日入金とならない場合もあるでしょう。

ただしAIファクタリングのlabol(ラボル)は唯一、365日・土日祝日も審査を行なっており24時間即時入金となっています。どうしても土日祝日に即日入金をしたい場合は、ラボルの利用を検討しておきましょう。

詳細についてはラボルは土日審査可能!営業時間や入金スピードの記事で解説を行っています。

3社間ファクタリングに対応していない

OLTA(オルタ)はAIファクタリングで審査スピードが早いのが特徴のため、3社間ファクタリングには対応していません。3社間ファクタリングの場合は売掛先企業に債権譲渡通知・承諾を得る必要があり、審査や入金までに10〜15日程度かかります。

できるのは2社間のみ

オルタで行えるのは2社間ファクタリングのみで、3社間はできません。低水準の手数料をアピールしているようですが、当社も含めて実際には上限付近での手数料を請求される事が多いように思われます。うちはルート営業がメインで長い付き合いを持つ会社が多く、3社間契約に対する障害はそれほどありませんでした。ただあいにく付近にファクタリングを頼める会社が存在せず、オンライン対応のオルタを選ばざるを得なかったというのが実際のところです。

また3社間ファクタリングは多少時間がかかる一方で、2社間ファクタリングよりも未回収リスクを抑えらるという観点から、手数料は安めに設定されていることが多いです。

詳細については2社間と3社間ファクタリングの違いとは?メリットやデメリットの記事で解説しています。

OLTA(オルタ)クラウドファクタリングで審査落ちの6つの原因・理由

OLTA(オルタ)の審査落ち原因として考えられるのは下記6つの理由です。

  • 売掛先の信用力が低い
  • 個人事業主・フリーランスで開業届を提出していない
  • 決算書が最新ではない
  • 入力情報と提出した必要書類に不備・内容のズレがある
  • AI審査で請求書内容が不明瞭と判断された
  • 提出した必要書類に不備がある

(1)売掛先の信用力が低い

OLTA(オルタ)で審査落ちとなる原因で考えられる1つ目の理由は、売掛先の信用力が低いという点です。

ファクタリングは買い取った請求書がしっかりと売掛先から支払われることを前提に、売掛債権の買取を行ないます。そのため売掛先の信用度・支払い能力がなければ審査落ちとなる可能性が高くなります。

ファクタリングは請求書毎に審査を行い、利用者ではなく売掛先の信用度が最も重要といえます。例えば下記のような場合は信用度が低いと判断されるでしょう。

  1. 売掛先の経営状況が悪い
  2. 創業から年数が浅い
  3. 売掛先の実在が確認できない
  4. 売掛先がトラブルを起こしている

1については売掛先が赤字続き・資金繰りに困っていると判断された場合などです。場合によっては倒産の可能性もあるため、売掛金の回収ができないことも考えれます。そのため経営状況が悪い売掛先も審査落ちの対象となります。

2については創業から年数が浅い零細企業の場合は、信用力が低いと判断されてしまうためです。繰り返しになりますがファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要です。経営基盤が安定していない年数が浅い場合は審査落ちの可能性が高くなります。

3の場合は売掛先情報を調べても確認が取れないといったケースです。売掛先としての実態が確認できなければ、架空請求の疑いがある・支払いが行われない可能性があると判断されます。

4についても過去に支払いに関してトラブルを起こしているといった場合には、未回収リスクがつきまとうため審査落ちの対象となる可能性が高くなります。また税金滞納がある場合も上記と同様に信用不十分と判断されるでしょう。

(2)個人事業主・フリーランスで開業届を提出していない

OLTA(オルタ)の審査落ち原因として考えれる2つ目の理由は、個人事業主やフリーランスで開業届を提出していないという点です。OLTA(オルタ)のよくある質問では下記のように記載があります。

※初年度で決算や確定申告が未だの場合の書類は以下です。
 法人:残高試算表(貸借対照表と損益計算書)  個人事業主:収受印付きの開業届

引用:OLTA(オルタ)の申込み(審査)に必要な書類は何ですか?

先ほど触れたように個人事業主やフリーランスの場合は、確定申告書が必要となります。しかし初年度で確定申告書がない場合は、開業届の提出が必要と記載があります。

そのため開業届を提出していないと、個人事業主やフリーランスの場合は必要書類が足りてないため、審査落ちとなっている可能性があります。

(3)決算書が最新ではない

OLTA(オルタ)の審査では必要書類としては決算書一式を提出することになっています。また2回目以降の利用であったとしても、決算書は最新のものを提出する必要があると記載されています。

そのため提出した決算書が最新版ではない場合は、審査落ちとなる可能性があります。審査申込の前に決算処理・財務申告を済ませた状態で依頼するようにしましょう。

開業から間もない業態で決算書が用意できない場合は、残高試算表(貸借対照表と損益計算書)の提出が必要となるため、こりらも忘れずに提出するようにしましょう。

(4)入力情報と提出した必要書類に不備・内容のズレがある

またOLTA(オルタ)の審査落ちで考えられる理由の4つ目は、提出した書類が足りていない・記入漏れがある・虚偽記入といった書類に関する不備です。

OLTA(オルタ)の審査に必要な書類の条件は下記のとおりです。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード、2012年4月以降交付の運転経歴証明書)
  • 請求書
  • すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4カ月分の入出金明細(通帳)
  • 法人の場合:昨年度の決算書(勘定科目内訳明細全ページ含む)
  • 個人事業主の場合:税務署の収受印付き確定申告書B第一表
    • ※電子申告の場合は、確定申告書および電子申告時の送信票(受付日時、受付番号記載)
    • ※初年度で決算や確定申告が未だの場合の書類は以下です。
    • 法人:残高試算表(貸借対照表と損益計算書)  個人事業主:収受印付きの開業届

記入漏れはフォーム入力の際に審査に必要な情報が記入されておらず、審査落ちとなるケースです。審査を出す前にしっかりと必要な情報が記入できているか確認しましょう。

また虚偽記入については自分から進んで行う人はいないと思いますが、入力情報と提出書類にズレがあると虚偽記入を疑われてしまいます。そのため提出書類と入力情報が一致しているかを確認するようにしましょう。

OLTA(オルタ)はAI審査を行っているため入力情報と書類内容にズレがあると、審査落ちとなる可能性が高くなります。

(5)AI審査で請求書内容が不明瞭と判断された

上述で解説したようにファクタリングでは基本的に売掛先の与信・信用度が重要となります。そのため請求書の売掛先情報が不明瞭であった場合は審査に落ちるという結果になります。

基本的な内容ではありますが請求先名がしっかり記載されていなければ、審査には通らないでしょう。そのため請求先が略称になっていないかも確認しましょう。

特にAIが審査を行うOLTA(オルタ)の場合は提出した請求書の内容をAIが自動的に判断するため、書類の内容が不明瞭となれば審査要件を満たしていものとされ、自動的に審査落ちとなるでしょう。

請求書には一般的に以下のような項目の記載がされているのが必須となるため、しっかりと確認しておきましょう。

  • 請求先の氏名または会社名
  • 請求元の情報
  • 発行日
  • 取引内容
  • 取引金額

(6)提出した必要書類に不備がある

OLTA(オルタ)で審査落ちの原因として考えられる6つ目の理由は、提出書類に不備があるという点です。OLTA(オルタ)では下記の書類提出が必要となります。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード、2012年4月以降交付の運転経歴証明書)
  • 請求書
  • すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4カ月分の入出金明細(通帳)
  • 法人の場合:昨年度の決算書(勘定科目内訳明細全ページ含む)
  • 個人事業主の場合:税務署の収受印付き確定申告書B第一表
    • ※電子申告の場合は、確定申告書および電子申告時の送信票(受付日時、受付番号記載)
    • ※初年度で決算や確定申告が未だの場合の書類は以下です。
    • 法人:残高試算表(貸借対照表と損益計算書)  個人事業主:収受印付きの開業届

ただし請求書については入金日が確定しているものに限ります。加えて個人事業主の場合は、開業届や確定申告書・本人確認書類もセットで提出しておくのが無難です。

上述でも触れましたがOLTA(オルタ)はAIファクタリングのため、提出した書類が入力内容と一致していない・書類が足りないといった場合は審査落ちとなるでしょう。またしっかりとAIが判断できるよう、鮮明に写っている書類を審査に出す必要があります。

審査書類を提出する前に、しっかりと見えるかどうかを確認してから審査申込を行いましょう。

OLTA(オルタ)クラウドファクタリングで審査落ちを避け審査通過する6つコツ

OLTA(オルタ)で審査落ちを避けて審査通過するコツは下記の5つです。

  • 信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す
  • 初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出す
  • 提出書類に不備がないかしっかりとチェックする
  • 請求書内容と申込フォームの内容にズレがないように申請する
  • 2回目以降のためにも支払い期日は守る
  • 他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

(1)信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す

OLTA(オルタ)で審査落ちを回避する方法としては、信用度が高い売掛先の請求書を審査に出すのが重要です。例えば大手企業や上場企業・地方公共団体や官公庁などの公的機関の場合は、未回収になる可能性は低く倒産するリスクは限りなくゼロに近いです。

上記に該当する売掛先ではなかったとしても、経営状態や財務基盤が安定している・売上が順調に伸びている会社の請求書を審査に出す方が審査落ちのリスクは低くなります。

(2)初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出す

OLTA(オルタ)で審査落ちを回避する2つ目のポイントは、債務者の住所がはっきりとわかるものを提出ことです。

初回利用の際はファクタリング会社との信頼関係が構築できていない段階です。そのため初回取引の場合は2回目以降の利用よりも、慎重に審査を実施することが多いです。

そのため所在が怪しい・疑われる会社の売掛債権は審査に出さないようにしましょう。ファクタリング利用は1回ではなく、複数回利用する可能性もあります。継続的な信頼関係を構築できるよう、信頼性に問題がない請求書を審査に出すのが重要です。

(3)提出書類に不備がないかしっかりとチェックする

書類不備の場合は審査に落ちる理由もありますが、OLTA(オルタ)社からの信用が落ちる可能性があります。多少の書類不備であれば連絡が来て修正依頼の場合もありますが、不備が多い場合は利用者の人間性や信用度が低いと思われることもあるでしょう。

そのため審査依頼をする前にしっかりと提出書類に問題がないか・入力フォームと情報が一致しているかを確認しましょう。

(4)請求書内容と申込フォームの内容にズレがないように申請する

OLTA(オルタ)審査落ちの原因の1つに請求書記載の情報と、申込フォームで入力された内容がズレていることが考えられます。少しのミスでも情報に食い違いが出てしまえば審査落ちとなってしまいます。

そのため請求書の内容にそって入力フォームでも情報の齟齬がないように正しく記載を行いましょう。

(5)2回目以降のためにも支払い期日は守る

OLTA(オルタ)のファクタリングは2社間ファクタリングのため、売掛金を回収したら期日までに入金する必要があります。

入金が遅延するとこれも信頼を損ねてしまう可能性があります。入金が遅延すると2回目以降の審査で不利に働く可能性もあるため、取引先から入金があった場合はスピーディーに振込を行うようにしましょう。

(6)他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

ファクタリング会社の審査落ちたからといって心配する必要はありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行っているため、1社の審査落ちたからといって他社でも通らないことはりません。

そのため1社の審査依頼で審査落ちリスクを避けたい場合は、複数社に相見積もりを取るのがおすすめです。

ただし個別何社も相見積もりを取るのが手間という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトの利用です。下記のようなサービスでは複数社に一括で見積もり依頼が出せます。

サービス名対象特徴
ファクタリングベスト法人/中小企業最短3時間入金/審査通過率9割超の優良4社に一括見積もり
ファク探法人/中小企業最短3時間で現金化/優良ファクタリング会社に一括見積もり
事業資金のミカタ個人事業主/法人個人事業主OK/最短30秒で簡単一括見積もり/利用者1万人
ランクファクター個人事業主/法人土日祝日営業/最短3時間で即日入金
資金調達プロ法人/中小企業東証プライム上場の子会社が運営する一括見積もりサイト

OLTA(オルタ)審査落ちの方におすすめ通過率90%以上・即日入金ファクタリング8選

次はOLTA(オルタ)で仮に審査落ちとなった場合のために、審査通過率90%以上・もしくは即日入金に対応しているファクタリング会社を紹介していきます。また土日に審査申込をしたい方は土日対応24時間即時入金ファクタリングの記事を参考にしてください。

また個人事業主の方で審査が緩い・甘い・必要書類が少ないファクタリング会社が知りたい方は、URLをクリックして参考にしてください。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

サービス名通過率手数料入金スピード買取可能額必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー/決算書
※3つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%~2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分
審査時間10分
1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ベストファクター92%2%~最短1時間
審査時間30分
30万〜1億円本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング98%2%~2時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5~10%3時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー/請求書
身分証明書 ※3つのみ

PMG 個人OK/乗換率98%/審査時間20分で見積提示/2時間入金/手数料2%〜/30万円〜買取

PMG(ピーエムジー)30万円からの少額でも買取対応で個人事業主も利用できるオンラインファクタリング会社で、審査時間は業界最短の20分で見積提示・最短2時間で入金となります。

手数料も2%〜と低水準で、月間1,500件以上の請求書買取を行う業界大手ファクタリングです。他社からの乗り換え率は98%・96%のリピート率と非常に高いのが特徴です。

買取金額も上限がないため中小企業から大手企業まで幅広い企業・建設業や広告など様々な業界で利用実績があります。またファクタリングだけでなく財務コンサル・融資支援・助成金/補助金紹介なども行っており、資金調達に関する様々なサービスも受けられます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間20分
30万円〜上限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

labol 通過率90%/土日祝日/最短60分/24時間即日入金のAIオンラインファクタリング

  • 審査通過率90%以上/個人事業主やフリーランス特化
  • 最短60分入金/土日祝日も24時間365日即時入金
  • 通帳コピー不要で必要書類は3つのみ/1万円から買取OK

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けのAIオンラインファクタリングで、審査時間は最短10分・土日祝日も最短60分で24時間即時入金・審査通過率90%・必要書類も3つと少なく通帳コピーが不要で、スピーディーに資金調達できます。

ラボル一番の特徴は土日祝日も含めて365日審査受付・最短60分で24時間即時入金で、いつでも入金してくれます。24時間即時入金はラボルのみで、通常のファクタリングでは土日は営業しておらず、審査通過しても入金までに2〜3時間はかかります。

Q:申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?

A:申請をいただいてから、最短60分で審査が完了します。審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。

引用:labol(ラボル)公式ホームページより

また買取金額は1万円〜・手数料は一律10%も強みです。一般的に30万円未満など買取金額が小さいと、手数料は上限値の10〜20%が適用となります。しかしラボルは一律10%なので少額利用でも手数料が大きくなりません。

提出書類としては通帳コピーは不要で請求書・本人確認書類・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。運営会社のラボルは東証プライム上場企業のセレス株式会社の100%子会社のため、安心して利用できます。

取引形態通過率手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング90%以上一律10%最短60分1万円〜本人確認書類/請求書 ※3つのみ
取引を示すエビデンス
※取引先とのメール・Slackなど
※土日祝日・年中無休で審査通過後は24時間即時入金

関連記事
ラボルは土日審査可能!営業時間や入金スピードを解説
ラボルの審査は遅い?土日対応は?審査通過率や入金時間
ラボル審査落ち6つの原因と対策!口コミや評判を分析・通過のコツ
ラボルはヤミ金ではない!口コミや評判から噂を解説

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜のオンラインファクタリングサービスです。提出書類は最も少なめで請求書と通帳の2点のみでOKです。無料登録を行い必要事項を入力するだけで1〜2分で申込でき30分程度で見積もり提示となります。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率が98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要な提出書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング1%〜2時間
審査時間30分
制限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

ビートレーディング 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングです。必要書類も請求書・通帳コピーの2つのみで、審査時間は30分・最短2時間入金と早いのが特徴です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

必要書類も通帳コピー・請求の2つのみで最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
上限下限なし通帳コピー
請求書 ※2つのみ

ベストファクター 最短1時間入金/審査通過率92%/5分でわかる買取診断/面談不要

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

OLTA(オルタ)クラウドファクタリングでよくある質問

OLTA(オルタ)ファクタリングの必要書類は何ですか?

OLTA(オルタ)ファクタリングの必要書類は何ですか?
OLTA(オルタ)ファクタリングの必要書類は下記のとおりです。
本人確認書類・請求書
すべての事業用銀行口座の普通預金
当座預金の直近4カ月分の入出金明細
法人:決算書
個人:税務署の収受印付き確定申告書B第一表

OLTA(オルタ)の審査通過率はどれくらいですか?

OLTA(オルタ)の審査通過率はどれくらいですか?
OLTA(オルタ)の審査通過率は非公開となっています。

OLTA(オルタ)の審査時間はどれくらいですか?

OLTA(オルタ)の審査時間はどれくらいですか?
OLTA(オルタ)の審査時間は必要書類が揃ってから24時間以内としています。

OLTA(オルタ)は開業間もない場合でも利用できますか?

OLTA(オルタ)は開業間もない場合でも利用できますか?
OLTA(オルタ)は開業間もない場合でも利用は可能です。ただし下記の書類提出が必要になります。
・法人:残高試算表(貸借対照表と損益計算書)
・個人事業主:収受印付きの開業届

OLTA(オルタ)は債権の一部買取もできますか?

OLTA(オルタ)は債権の一部買取もできますか?
OLTA(オルタ)は債権の一部買取にも対応しています。そのため売掛金の全額を売却しなくても問題ありません。

OLTA(オルタ)は複数債権の一括買取はできますか?

OLTA(オルタ)は複数債権の一括買取はできますか?
OLTA(オルタ)は複数債権の一括買取に対応しています。1度の申込で最大5つの売掛債権の買取依頼を出すことができます。
yKJVapyt_bV7f3P6AFocIRX1gNiNKHpE8IZJvSUCE_M