日本中小企業金融サポート機構の審査は遅い?入金時間や営業時間

日本中小企業金融サポート機構について調べていると「日本中小企業金融サポート機構 審査 遅い」や「日本中小企業金融サポート機構 審査」・「日本中小企業金融サポート機構 口コミ」といったワードで、月間200回ほど検索されています。

ファクタリングは即日で資金調達できるのがメリットなので、審査時間やいつ審査結果が来るのか気になる方が多いのでしょう。今回は日本中小企業金融サポートの審査は遅いのか?について口コミや評判を見ながら、解説していきます。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

審査通過率90%以上・審査時間30分のおすすめファクタリング会社

サービス名審査通過率手数料入金スピード買取上限必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー
※2つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ビートレーディング98%2%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
2つのみ
ベストファクター92%2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書 ※3つのみ

目次

日本中小企業金融サポート機構の審査は遅い?入金スピード/営業時間を解説

運営会社一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
取引形態2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
手数料1.5%〜10%
買取金額買取制限なし(初回上限なし)
利用対象者個人事業主・フリーランス・法人企業
審査時間最短30分
入金スピード最短3時間・即日入金
必要書類申込書・請求書・代表者の身分証明書
通帳コピー(3ヶ月分)
手続き完全オンライン完結
営業時間平日10:00〜17:00
債権譲渡登記不要
サービス詳細https://chushokigyo-support.or.jp/

日本中小企業金融サポート機構はファクタリング業界では珍しく、株式会社ではなく一般社団法人のため営利企業ではないのが特徴です。ファクタリングだけでなく事業再生や資金繰りに関するコンサルティングも行っており、資金調達以外にもアドバイスが受けれます。

支援総額は113億円・対応業種は27・取引社数4,800社と業種も幅広く、取引実績も豊富なファクタリング会社とえいます。

手数料も1.5%からと比較的安いのが特徴で、買取制限もないため個人事業主やフリーランス・法人企業など幅広い方が利用できます。審査時間は最短30分・入金スピードも最短3時間と即日入金に対応しており、早期に資金調達を実施した方におすすめです。

なぜ”日本中小企業金融サポート機構審査遅い”や”審査時間”と検索されるのか

口コミや評判を見る限りスピードが遅いといった内容はいくつかありましたが、早いという口コミもありました。ではなぜ「日本中小企業金融サポート機構 審査遅い」や「日本中小企業金融サポート機構 審査時間」というワードで検索されるのでしょうか。

初回利用と2回目以降で審査時間が異なる・審査時間は30分と記載

1つ目の理由として考えられるのは初回利用時と2回目以降で、審査時間が異なる可能性があるという点です。過去に申し込み実績がない場合は、利用者情報・売掛先情報ともに審査する必要があります。

しかし2回目以降の利用になるとすでに日本中小企業金融サポート機構側に利用者情報が登録されているため、1つの審査項目をチェックする時間が不要になります。そのため審査するのは売掛先・売掛債権(請求書)の質という部分だけになります。

こうしたことを考えると初回利用から30分で審査が完了するケースは稀なのではないかと推測ができます。とはいえ日本中小企業金融サポート機構の公式HPには審査時間30分・最短3時間入金と記載があります。

そのため顧客の期待値としては30分での審査結果通知・3時間での入金を望んでいます。

そのため30分という審査時間を経過しても結果通知が来ない・入金がされないという理由から、「日本中小企業金融サポート機構 審査 遅い」と検索されているのではと思われます。こうした検索結果はありますが、上記の口コミ・評判のように入金スピードは早いことに間違いはありません。

“初回”という定義は2種類・過去に利用した売掛先かどうかで審査時間が異なる

また初回利用という言葉に日本中小企業金融サポート機構側からすると2つの解釈があると思われます。

  1. ユーザーとして初回の利用:アカウント登録後に初めて請求書買取を依頼する
  2. 取引先が初回:過去にラボルでファクタリング実績はあるが、初めての売掛先で依頼する

日本中小企業金融サポート機構側としては①と②が同時である場合は、審査に多少時間がかかる可能性が考えられます。過去に利用実績があっても、以前とは異なる売掛先の請求書を出すとあらためて与信審査を行う必要があります。

そのため過去に利用実績があったとしても、「以前と同じ売掛先の請求書を出す・以前と違う売掛先の請求書を出す」のでは、後者ではあらためて与信チェックをするため時間がかかることでしょう。

審査時間がかかるものを簡単に表すと下記のようになると思われます。

  • ユーザーとして初めての利用:審査時間は長め
  • 過去に利用実績があり以前と異なる売掛先の請求書:審査時間は普通
  • 過去に利用実績があり以前と同じ売掛先の請求書:審査時間は短い

そのため3つ目の場合であれば最短30分の審査結果通知・3時間での入金も可能性が高くなるといえるでしょう。

日本中小企業金融サポート機構の審査時間は遅い?口コミや評判を分析

日本中小企業金融サポート機構の最短審査時間は30分・3時間で即日入金

日本中小企業金融サポート機構の公式HPを見ると審査時間は最短30分・最短入金は3時間と即日入金という記載があります。では実際の口コミや評判はどうなのでしょうか。

初めて利用したんですが、他のファクタリング業者に比べて対応が良かった気がします。入金もスムーズで手数料も安く、使いやすいなと感じました。

引用:Googleマップ

X(旧Twitter)やGoogleマップを確認しましたが、審査が遅いという口コミや評判はありませんでした。審査時間や入金スピードに関する口コミは1件だけでしたが、入金もスムーズで対応がよかったという内容でした。

ではなぜ「日本中小企業金融サポート機構 遅い」という検索がされているのでしょうか。

日本中小企業金融サポート機構は最短30分のため審査時間の期待値が高い

日本中小企業金融サポート機構の審査時間は最短30分という記載があります。そのため利用者の期待値としては、30分で審査結果通知が来ると考えているでしょう。

しかしこれはどのファクタリング会社でも同じことが言えますが、売掛先の信用度や売掛債権の信頼性・必要書類は人の手で審査を行っています。そのため提出された書類によっては、審査時間が長くなる可能性があります。

また審査の混み具合や審査申込のタイミングによっては、審査に時間がかかる場合もあるでしょう。ただしあくまでも審査時間は「最短30分」のため、必要書類が問題なく揃っている・売掛先の信用度が問題ない時に最速で30分で審査結果が報告できるということです。

実際には即日入金されている方が多かったとしても、30分で審査結果が来ないと「日本中小企業金融サポート機構 遅い」という検索行動をとっていることが考えられます。

ただし口コミや評判を見る限りでは審査が遅い・入金や対応が遅いといった投稿はないため、審査時間や入金スピードが早いことは間違いないでしょう。

日本中小企業金融サポート機構の良い口コミや評判

ではその他の審査時間以外に関する口コミや評判はどのようなものがあるのでしょうか。「ファクタリング会社の口コミ」と「Googleマップ」の投稿内容を見ていきます。

結論から伝えると日本中小企業金融サポート機構の口コミや評判は良いものが多く、Googleマップには13件の口コミがあり5点中3.8点・ファクタリング会社の口コミは57件の投稿があり、5点中4点と高評価でした。

他社よりも低い手数料で使いやすい

まずは手数料に関する口コミや評判ですが、株式会社ではなく一般社団法人が運営しているファクタリングサービスということもあり、手数料は他社よりも安いという投稿が多かったです。

今まで利用したファクタリング会社の中で、一番手数料が安かったです。担当の方が凄くいい人で、ファクタリングだけじゃなく助成金なども詳しくて頼りになりました。

引用:Googleマップ

必要書類は多いが、手数料は安い会社という感想です。 少し時間はかかったものの、その分安く済ませられたので満足です。

引用:ファクタリング会社の口コミ

手数料も思ったより安く済んで、無事に希望日までに資金が振り込まれました。他社よりいい条件で買い取ってもらえたので、良かったです。

引用:ファクタリング会社の口コミ

一般的なファクタリング会社は手数料で利益を出す営利法人である株式会社ですが、日本中小企業金融サポート機構は非営利法人のため、他社よりも手数料が安いのでしょう。

必要書類も少なく手軽に資金調達ができた

また提出書類も少なく手軽に資金調達ができるので、中小企業にとってはありたがたいという口コミ・評判もありました。

最近知り合った社長さんに教えてもらった業者です。必要な書類なども少なく、非常に手軽に資金調達ができて便利です。中小企業にはありがたい存在。

引用:Googleマップ

ファクタリングの必要書類は業者毎によって異なりますが、日本中小企業金融サポート機構の必要書類は下記の4つです。

  • 申込書
  • 請求書
  • 代表者の身分証明書
  • 通帳コピー(3ヶ月分)

ファクタリング会社によっては上記に加えて、印鑑証明や登記簿謄本・決算書(法人のみ)・確定申告書(個人)の提出を求めれらるケースもあります。印鑑証明や登記簿謄本は公的書類のため役所に取りに行く必要があり、平日の営業時間内の取得となります。

こうした書類が不要で利用できるのは利用者にとっても、スムーズに審査申込ができるので使い勝手が良いという評判・口コミがあるのでしょう。

担当者の対応がよく入金もスムーズだった

また日本中小企業金融サポート機構の口コミや評判では、担当スタッフの対応が良く入金もスムーズだったという内容がありました。

初めて利用したんですが、他のファクタリング業者に比べて対応が良かった気がします。入金もスムーズで手数料も安く、使いやすいなと感じました。

引用:Googleマップ

前回の対応がとても良く、再度利用させてもらいました。同じ方が担当してくれたので、とてもスムーズに対応してもらえて良かったです。

引用:Googleマップ

担当者の応対がよく対応がスピーディーだと2回目以降も利用したくなるものです。こうした担当者の対応が良い部分も口コミや評判が高い理由のようです。

日本中小企業金融サポート機構の悪い口コミや評判

一方で中には悪い評判や口コミもありました。数は多くはないですが、悪い投稿についても紹介していきます。

利用者の足元を見た高い手数料を提示してきた

日本中小企業金融サポート機構は営利法人ではないため、手数料が安いという声がありましたが、中には足元を見て高い手数料をて指示されたという口コミ・評判もありました。

92万買取の月内返しなのに返しが115万円って言われました。足元見過ぎだろ。やめた方が良いですよ。

引用:Googleマップ

ファクタリング会社。足元を見て手数料を含めた計算だと40%位取られる。

引用:Googleマップ

ファクタリングは独自の審査基準を設けており、各社で手数料の決定要因は異なります。ファクタリングの手数料を決定する主な要因としては下記のようなものが挙げられます。手数料相場や費用内訳・安くするコツはこちらの記事で解説しています。

  • 売掛先の信用度
  • 売掛先の経営状況
  • 売掛債権の質
  • 支払いサイトの長さ
  • 売掛債権の金額

ファクタリングというビジネスは売掛金が回収できてはじめて成立するため、売掛先の信用度や経営状態を重視しています。また売掛債権の支払いサイトが長い場合や、経営状態が悪いと倒産や未回収リスクが高くなるため、審査通過したとしても手数料は高くなります。

また売掛債権が大きくなるほど一般的には手数料は安くなる構造のため、少額ファクタリングの場合は手数料が上限値の設定になることも多いでしょう。

詳細についてはファクタリングの審査基準や落ちる理由ファクタリング審査に通らない12の原因と対策の記事で解説しています。

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する7つのメリット

次は日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用をする7つのメリットを紹介していきます。

  • 手数料は1.5〜10%と相場より安い
  • 最短30分の審査時間で即日入金が可能
  • 審査通過率は95%と赤字・税金滞納でも利用可能
  • 買取制限がなく少額・高額の売掛債権にも対応
  • 完全オンラインファクタリングで審査が簡単
  • 認定支援機関が様々な要件の助成金サポートが受けれる
  • 財務・経営コンサルティングの支援も受けれる

(1)手数料は1.5〜10%と相場より安い

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する1つ目のメリットは、相場よりも安い手数料で資金調達ができる点です。一般的なファクタリング会社の手数料相場は下記のようになっています。

日本中小企業金融サポート機構は2社間・3社間ファクタリングの両方に対応していますが、オンラインファクタリングかつ非営利法人のため、手数料が安いのが特徴です。参考に他社と手数料を比較してみましょう。

手数料の下限設定が低いファクタリング会社は多いですが、上限値が10%以下の業者は少ないです。上述でも触れたように売掛先の信用度・経営状況・売掛債権の金額によって、手数料は変動するため安く資金調達を実施したい方におすすめです。

(2)最短30分の審査時間で即日入金が可能

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する2つ目のメリットは、審査時間が短く最短即日入金に対応しているという点です。

審査時間は30分と非常にスピードが早いため、審査が終われば当日中に入金ができるのが特徴です。財務や経営コンサルも行っている専門家が審査を行うため、審査時間が非常に短いのがメリットです。

(3)審査通過率は95%と赤字・税金滞納でも利用可能

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する3つ目のメリットは、審査通過率が高いという点です。90%以上の審査通過率の会社もありますが、95%という数値はかなり高いです。

サービス名審査通過率
QuQuMo(ククモ)審査通過率98%
ビートレーディング審査通過率98%
日本中小企業金融サポート機構審査通過率95%
ベストファクター審査通過率92%
labol(ラボル)審査通過率90%

また利用者が赤字経営や税金滞納・創業初期であっても利用ができるため、資金繰りに苦労をしていて融資が降りない方におすすめです。ただし創業初期の場合は売掛金との継続取引が審査のポイントとなるため、審査ハードルはやや高くなる点は注意しましょう。

(4)買取制限がなく少額・高額の売掛債権にも対応

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する4つ目のメリットは、買取制限がないという点です。一般的なファクタリング会社では、最低買取金額が30万円以上・最高買取金額が1億円までといった業者が多いです。

個人事業主やフリーランスの場合に最低金額が30万円はややハードルが高いですが、日本中小企業金融サポート機構は買取可能金額の下限に制限がないため10万円以下でも利用ができます。

また逆に大口の売掛債権を売却したい場合にもおすすめで、買取最高金額の制限がないため1億円を超える金額にも対応しています。そのため中小零細企業から中堅・大手企業まで幅広く利用ができます。

(5)完全オンラインファクタリングで審査が簡単

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する5つ目のメリットは、完全オンラインファクタリングに対応している点です。オンラインファクタリングのは審査申込から契約締結まで全てWeb上で完結するため、来店する時間や必要書類を郵送する手間がありません。

また面談も不要ため(必要に応じてオンライン面談を実施)、忙しい経営者の方でも簡単に利用ができます。店舗に来店する必要があると、移動時間や仕事の調整も考えなければなりませんが、その必要はなくなります。

またオンラインファクタリング場合は場所にとらわれず、全国どこからでも利用できるのもメリットです。

(6)認定支援機関が様々な要件の助成金サポートが受けれる

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する6つ目のメリットは、認定支援機関の助成金サポートが受けられる点です。認定支援機関とは「経営革新等支援機関」と呼ばれており、中小企業の経営強化を行うために制定された公的機関です。

具体的には下記のような補助金申請の支援を行っています。

  • 事業再構築補助金
  • ものづくり補助金
  • 事業継承・引き継ぎ補助金

(7)財務・経営コンサルティングの支援も受けれる

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する7つ目のメリットは、コンサルティングサービスも受けられる点です。日本中小企業金融サポート機構ではファクタリングだけでなく、財務・経営コンサルも行っています。

会社運営を行っていると資金繰りが苦しい・経営全体を見直したいなど悩みは多くあるでしょう。日本中小企業金融サポート機構は金融機関の紹介や財務・経営コンサルも行っているため、経営改善に向けたアドバイスも受けられます。

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する3つのデメリット・注意点

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する際のデメリット・注意点は下記の3つです。

  • 債権譲渡登記が必要なケースがある
  • 2社間ファクタリングはやや手数料が高めになる
  • 3社間ファクタリングは入金までが長い

(1)債権譲渡登記が必要なケースがある

日本中小企業金融サポート機構でファクタリング利用する1つ目のデメリット・注意点は、売掛金の金額によっては債権譲渡登記が必要になることがある点です。

即日現金化・資金調達をしたい場合は2社間ファクタリングの利用が一般的です。しかし2社間ファクタリングでは売掛債権の二重譲渡リスクを防止するために、債権譲渡登記ありの契約を締結を求められるケースがあります。

債権譲渡登記とは保有している資産が譲渡されたことを公示する登記制度です。3社間ファクタリングの場合は売掛先から合意を得ることで、この要件を満たすことができます。

売掛債権の金額が大きい場合には未回収リスクを考慮して、債権譲渡登記を求められることがあります。ただし登記は留保も可能なため、事前に確認しておくのが良いでしょう。

(2)2社間ファクタリングはやや手数料が高めになる

これは日本中小企業金融サポート機構に限った話ではないですが、2社間ファクタリングは3社間と比較すると、手数料がやや高めになってしまいます。

3社間ファクタリングの場合は売掛先に債権譲渡通知・承諾を行い、売掛金の回収も売掛先企業が直接ファクタリング会社に入金を行うため、未回収リスクが低く手数料が低めに設定されているケースがほとんどです。

2社間の場合は利用者が売掛金を回収し、ファクタリング会社に入金するという流れです。可能性は低いですが回収した売掛金を別の資金に流用することもできるため、未回収リスクがやや高く手数料は高めに設定されています。

ただし解説したように1.5〜10%の範囲に手数料は収まるため、10%を超える手数料を提示される可能性は低いでしょう。

詳細は2社間と3社間ファクタリングの違いとは?メリットやデメリットの記事で解説しています。

(3)3社間ファクタリングは入金までが長い

ただし3社間ファクタリングの場合は利用者・ファクタリング会社・売掛先の3社間で取引を行い、債権譲渡通知・承諾を行うため入金までに時間がかかります。

手数料は安くなる一方で一般的には10〜15日前後の日数がかかるとい言われています。また売掛先に通知を行うため信頼関係が構築できていなければ、経営状態が悪いのではないか?取引を停止した方が良いのでは?といった悪い印象を与えてしまいます。

そのため3社間ファクタリングを利用する場合は、資金調達までの日数に余裕がある・売掛先との信頼関係が構築できている場合に利用しましょう。

日本中小企業金融サポート機構の利用がおすすめな人

日本中小企業金融サポート機構の利用がおすすめな人は下記のような方です。

  • 即日入金のファクタリングを利用したい
  • 安い手数料で資金調達をしたい
  • 面談不要でオンラインで手続きを完結させたい
  • 経営に関する相談をしたい
  • 個人事業主やフリーランスの方

紹介してきたように日本中小企業金融サポート機構は手数料が安く、審査時間も最短30分・即日入金に対応しています。そのため早期に資金調達を実施したい方におすすめです。

またオンラインファクタリングのため、店舗に来店したり書類を郵送する必要もないので、Web完結で手続きを簡略化させたい方に向いています。

加えて買取金額も制限がないため、法人企業だけでなく個人事業主やフリーランスの方にもおすすめです。日本中小企業金融サポート機構では経営・財務コンサルも行っているので、こうした資金繰りに関する相談をしたい方はぜひ利用しましょう。

日本中小企業金融サポート機構の申込から資金調達までの流れ・5つのステップ

日本中小企業金融サポート機構を利用する流れは下記の5つのステップになります。

  • 無料見積・相談の申込み
  • 必要書類の提出(請求書・通帳コピーなど)
  • 審査結果の確認
  • 条件掲示・契約手続き
  • 入金確認・資金調達完了

ステップ1:無料見積・相談の申込み

日本中小企業金融サポート機構を利用する1つ目のステップは無料見積もりのボタンをクリックして、会社名やメールアドレス・電話番号などを入力します。

無料見積もり後に担当者から連絡があるため、状況確認のヒアリングや手続きの説明があります。

ステップ2:必要書類の提出

日本中小企業金融サポート機構の利用で必要な提出書類は下記の4つです。

  • 規定の申込書(2枚)
  • 売掛債権に関する資料(請求書・発注書など)
  • 通帳コピー(3ヶ月分)
  • 代表者の身分証明書

必要書類はファクタリング会社の中では少ない方なので、手軽に審査申込ができます。別の記事では必要書類が少なめで審査が緩い・甘い業者を紹介しています。

ステップ3:審査結果の確認

提出した必要書類をもとに審査が行われて、審査結果はメールで通知が来ます。ファクタリング会社によって審査基準は異なるため、できれば複数社に相見積もりを出しておくのが良いでしょう。

個別に複数社の見積もりを出すのが手間・面倒という方は、ファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用しましょう。

ステップ4:条件掲示・契約手続き

審査結果と同時に買取手数料や条件などが提示されます。審査結果に納得ができたら、契約内容に関しての説明が行われます。

ステップ5:入金確認・資金調達完了

オンライン完結の場合は15時までに契約締結が完了すると、即日入金となります。ただし郵送で契約手続きをした場合は、入金までに3〜5日ほどかかるため、電子契約を利用するのがおすすめです。

日本中小企業金融サポート機構審査落ちの方におすすめの即日入金ファクタリング8選

次は日本中小企業金融サポート機構で仮に審査落ちとなった場合のために、審査通過率90%以上・もしくは即日入金に対応しているフリーランス向けファクタリング会社を紹介していきます。

個別に複数社に見積もり依頼を出すのが手間という方は、ファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用しましょう。また土日に審査申込をしたい方は土日対応24時間即時入金ファクタリングの記事を参考にしてください。

また個人事業主の方で審査が緩い・甘い・必要書類が少ないファクタリング会社が知りたい方は、URLをクリックして参考にしてください。

サービス名通過率手数料入金スピード買取可能額必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー/決算書
※3つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%~2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分
審査時間10分
1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ベストファクター92%2%~最短1時間
審査時間30分
30万〜1億円本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング98%2%~2時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5~10%3時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー/請求書
身分証明書 ※3つのみ

PMG 個人OK/乗換率98%/審査時間20分で見積提示/2時間入金/手数料2%〜/30万円〜買取

PMG(ピーエムジー)30万円からの少額でも買取対応で個人事業主も利用できるオンラインファクタリング会社で、審査時間は業界最短の20分で見積提示・最短2時間で入金となります。

手数料も2%〜と低水準で、月間1,500件以上の請求書買取を行う業界大手ファクタリングです。他社からの乗り換え率は98%・96%のリピート率と非常に高いのが特徴です。

買取金額も上限がないため中小企業から大手企業まで幅広い企業・建設業や広告など様々な業界で利用実績があります。またファクタリングだけでなく財務コンサル・融資支援・助成金/補助金紹介なども行っており、資金調達に関する様々なサービスも受けられます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間20分
30万円〜上限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

labol 通過率90%/土日祝日/最短60分/24時間即日入金のAIオンラインファクタリング

  • 審査通過率90%以上/個人事業主やフリーランス特化
  • 最短60分入金/土日祝日も24時間365日即時入金
  • 通帳コピー不要で必要書類は3つのみ/1万円から買取OK

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けのAIオンラインファクタリングで、審査時間は最短10分・土日祝日も最短60分で24時間即時入金・審査通過率90%・必要書類も3つと少なく通帳コピーが不要で、スピーディーに資金調達できます。

ラボル一番の特徴は土日祝日も含めて365日審査受付・最短60分で24時間即時入金で、いつでも入金してくれます。24時間即時入金はラボルのみで、通常のファクタリングでは土日は営業しておらず、審査通過しても入金までに2〜3時間はかかります。

Q:申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?

A:申請をいただいてから、最短60分で審査が完了します。審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。

引用:labol(ラボル)公式ホームページより

また買取金額は1万円〜・手数料は一律10%も強みです。一般的に30万円未満など買取金額が小さいと、手数料は上限値の10〜20%が適用となります。しかしラボルは一律10%なので少額利用でも手数料が大きくなりません。

提出書類としては通帳コピーは不要で請求書・本人確認書類・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。運営会社のラボルは東証プライム上場企業のセレス株式会社の100%子会社のため、安心して利用できます。

取引形態通過率手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング90%以上一律10%最短60分1万円〜本人確認書類/請求書 ※3つのみ
取引を示すエビデンス
※取引先とのメール・Slackなど
※土日祝日・年中無休で審査通過後は24時間即時入金

関連記事
ラボルは土日審査可能!営業時間や入金スピードを解説
ラボルの審査は遅い?土日対応は?審査通過率や入金時間
ラボル審査落ち6つの原因と対策!口コミや評判を分析・通過のコツ
ラボルはヤミ金ではない!口コミや評判から噂を解説

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜のオンラインファクタリングサービスです。提出書類は最も少なめで請求書と通帳の2点のみでOKです。無料登録を行い必要事項を入力するだけで1〜2分で申込でき30分程度で見積もり提示となります。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率が98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要な提出書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング1%〜2時間
審査時間30分
制限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

ビートレーディング 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングです。必要書類も請求書・通帳コピーの2つのみで、審査時間は30分・最短2時間入金と早いのが特徴です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

必要書類も通帳コピー・請求の2つのみで最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
上限下限なし通帳コピー
請求書 ※2つのみ

ベストファクター 最短1時間入金/審査通過率92%/5分でわかる買取診断/面談不要

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ

ます。

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。必要書類としては請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

日本中小企業金融サポート機構に関するよくある質問

日本中小企業金融サポート機構の必要書類は何ですか?

日本中小企業金融サポート機構の必要書類は何ですか?
日本中小企業金融サポート機構の必要書類は下記の4つです。
・規定の申込書(2枚)
・売掛債権に関する資料(請求書・発注書など)
・通帳コピー(3ヶ月分)
・代表者の身分証明書

日本中小企業金融サポート機構の審査通過率は?

日本中小企業金融サポート機構の審査通過率は?
日本中小企業金融サポート機構の審査通過率は95%です。

日本中小企業金融サポート機構の手数料はいくらですか?

日本中小企業金融サポート機構の手数料はいくらですか?
日本中小企業金融サポート機構の手数料は1.5%〜10%です。
yKJVapyt_bV7f3P6AFocIRX1gNiNKHpE8IZJvSUCE_M