クラウド契約ファクタリングのメリット|オンラインおすすめ9社

新型コロナウイルスによるテレワーク推進・非接触が推奨されたことで、この数年でオンライン化が大きく進みました。ファクタリング業界もオンライン化が進み、クラウド契約ファクタリングが増えてきています。

これまでは対面で面談・書類は郵送といった手続きが必要でしたが、AIファクタリング完全オンラインファクタリングでは、Web上ですべて完結するためこうした手続きは不要となっています。

今回はクラウド契約ファクタリングのメリットやデメリット、従来型との違いを解説しながらおすすめのクラウド契約型ファクタリングを紹介していきます。

目次

クラウド契約ファクタリングとは?必要書類・従来型との違いを比較

クラウド契約ファクタリングとは審査申込みから契約締結までが、全てオンラインで完結します。これまでは店舗に訪問して面談を行い、必要書類や契約書は郵送を行うのが一般的でした。

しかしクラウド契約型ファクタリングでは、こうした手間は不要となり郵送・面談不要で資金調達ができるため、スピーディーな手続きが可能です。そのためAIファクタリングでは最短10〜60分で即日入金といった会社もあります。

ファクタリング面談なし・不要のおすすめ会社はこちらの記事で紹介しています。

完全オンラインで完結し審査スピードも早いAIファクタリングはこちらの記事で解説しています。

クラウドファクタリング・オンラインファクタリングのクラウドとは何か

上記で触れたようにクラウド契約とはオンライン上で完結し、クラウドサーバーにデータ載せるものです。クラウドサービス(SaaS)のように、これまではPCにソフトをインストールしていましたが、Web上でツールが利用できるのが特徴です。

クラウド型の会計ソフトを利用している方はイメージしやいですが、オンライ上のサーバーにデータは蓄積され、ネット環境とPCがあればいつでも・どこでも利用ができます。

クラウド契約ファクタリングでは必要書類はWebフォームからアップロードを行い、契約締結も電子契約というクラウドサービスで実施するため、全ての作業がオンラインで完結します。

完全オンラインファクタリングのメリットやデメリットについてはこちらの記事で解説しています。

従来型ファクタリングとクラウド契約型ファクタリングの違いを比較

売掛金を売却することで資金調達を行うのがファクタリングですが、従来型とクラウド型ファクタリングの違いはどのような点にあるのでしょうか。次は両者を比較しながら違いを見ていきます。

契約種別クラウド契約型ファクタリング従来型ファクタリング
書類提出請求書や身分証など必要書類を
店舗へ持参・郵送で送付
スマホ撮影・メール添付
Webフォームでアップロード
買取審査来店や出張による面談Web上で入力された情報をもとに
オンラインで審査実施
契約対面や郵送で契約書の押印電子契約を活用して
クラウド上で締結
特徴郵送や面談など時間がかかる
振込までに日数がかかる
自宅やオフィスでWeb完結
最短即日入金が可能

これまでのファクタリングでは店舗に来店して面談や契約締結を行うことが一般的で、必要書類も郵送を行うなど審査までに時間や手間が発生していました。加えて契約を行う段階になって再度、店舗に訪問したり対面で行うケースもあります。

しかしクラウド契約型のファクタリングであれば、必要書類はWebフォームやメール添付・審査もWeb上で入力された情報と書類をもとに審査、契約締結も電子契約で行います。

そのため全ての手続きがWeb上・オンラインで完結するため、これまで発生していた時間や手間を短縮することができます。また審査に時間がかからないため、最短即日入金ができるのも特徴です。

クラウド契約ファクタリングの必要書類

クラウド契約ファクタリングで必要となる書類は下記の通りです。

  • 身分証明書(運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • 売却予定の請求書(売掛債権)
  • 取引先の入出金がわかる通帳など
  • 売掛債権を証明できる基本契約/納品書など
  • 決算書(法人のみ)
  • 確定申告書(個人事業主・フリーランスのみ)

これまでのファクタリング会社では上記以外にも印鑑証明や登記簿謄本・税金や社会保険料の納付書・領収書などが必要でしたが、クラウド型ファクタリングの場合は必要書類が少ないケースも多いです。

QuQuMo(ククモ)では請求書と通帳コピーのみFREENANCE(フリーナンス)labol(ラボル)ペイトナーファクタリング身分証明書・請求書・入出金のわかる通帳の3点のみで利用可能なケースもあります。

ただし全てのファクタリング会社が上記のように必要書類が少ないわけではありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行うため、会社によって必要な提出書類は異なる点は注意が必要です。

必要書類が少ないファクタリング会社についてはこちらの記事で解説しています。

クラウド契約ファクタリング利用の流れ・6つのステップ

クラウド契約ファクタリングの利用の流れは下記6つのステップです。

  • 審査申込みは24時間いつでも可能
  • 必要書類はメール添付・Web上でアップロード
  • 審査はオンライン・AIでスピーディーに完結
  • 面談や来店不要でオンライン実施
  • 契約手続きは電子契約で手軽に完了
  • 買取代金を振込で支払い

(1)審査申込みは24時間いつでも可能

クラウド型ファクタリングの場合は自社HPを運営しているため、審査申込みはWeb上から行います。インターネット申込みのため24時間365日、いつでも審査申込みが可能です。

審査申込みで必要となる項目は各社によって異なりますが、下記のような情報を求められることが多いです。

  • 会社名・屋号
  • 代表者氏名
  • 電話番号・メールアドレス
  • 売却する売掛債権の金額
  • 資金調達の予定日

(2)必要書類はメール添付・Web上でアップロード

審査申込み後はファクタリング会社から電話やメールで連絡があり、必要書類やサービスに関する案内が行われます。必要書類の提出はメール添付・Webフォームからのアップロードで完了するため、スマホやPCがあればいつでも提出できます。

AIファクタリングの場合は無料会員登録後に、Webフォームから上記で説明した入力項目に加えて、必要書類をアップロードします。そのため一般的なクラウド契約ファクタリングよりも、スピーディーに審査が行われ最短10〜60分で即日入金となる会社もあります。

これまでは郵送や来店で書類提出を行っていたので、急ぎで資金調達をしたいのに時間がかかることがありました。しかしクラウド型ファクタリングでは、書類提出にかかる時間も大幅に削減ができます。

(3)審査はオンライン・AIでスピーディーに完結

クラウド契約ファクタリングの中には紹介してきたように、AIで審査を実施するAIファクタリングも多いです。AIファクタリングの場合は審査時間も非常に早いため、最短10〜60分で即日入金となり審査スピードが圧倒的に早いのが特徴です。

AI審査はアルゴリズムで機械的に審査が実施されれるため、審査結果がスピーディーなのが特徴です。

(4)面談や来店不要でオンライン実施

クラウド契約ファクタリングの場合でも契約内容や必要に応じて面談を行う場合があります。しかし面談を実施する場合でもZoomやSkypeなどを活用した、オンライン面談となります。

ただしさらに簡略化させてたい場合にはAIファクタリングの利用や、面談なし・不要のファクタリング会社利用がおすすめです。紹介してきたようにAIファクタリングでは審査から契約締結までがオンライン完結しますが、面談も挟まないのが一般的です。

また中には面談なし・不要のファクタリング会社もあるため、面談が手間ということであればそうした会社を利用しましょう。

(5)契約手続きは電子契約で手軽に完了

これまでのファクタリングであれば契約手続きは書類で行うのが一般的でした。しかしクラウド契約ファクタリングの場合は、電子契約を用いたオンライン契約で締結を行います。

電子契約については電子署名法という法律で、効力が認められているため、信頼できる電子契約サービスをファクタリング会社が利用しているので危険性はありません。

また来店や郵送の場合は印紙税が発生しますが、クラウド契約の場合はオンライン上で締結のためこうした費用や時間も不要になります。

(6)買取代金を振込で支払い

買取代金の支払いについては従来と変わらず、ファクタリング会社が指定した口座に振込を行うことになります。買取代金を手渡しで受け取れるファクタリング会社はほとんどないでしょう。

もし現金で受け取りがしたいという場合は、一度ファクタリング会社に対応可能かを確かめるようにしましょう。

クラウド契約ファクタリングの5つのメリット

クラウド契約ファクタリングを利用するメリットは次の5つです。

  • 最短即日入金で資金調達スピードが早い
  • 手数料が比較的安い
  • オンライン完結で郵送や面談が不要
  • 個人事業主やフリーランスも即日入金・少額債権も対応
  • 地方在住・遠方からでも利用可能

(1)最短即日入金で資金調達スピードが早い

クラウド契約ファクタリングの場合は2社間ファクタリングが多いですが、資金調達スピードが早いのがメリットです。

近年ではAIファクタリングも登場しており、中には最短10分〜60分で即日入金となるファクタリング会社もあります。例えばペイトナーファクタリングは最短10分で即日入金・PayToday(ペイトゥデイ)は最短30分で即日入金となります。

こうした即日入金対応のオンラインファクタリング会社を利用すれば、申込み日から最短当日に入金が完了します。融資に資金調達の場合は決算書や試算表など提出書類も多く、審査に時間がかかり1ヶ月程度の期間を必要とします。

中にはビジネスローンの審査よりも早いクラウド契約ファクタリングもあるため、急ぎで資金調達・現金化が必要な企業にとってはおすすめの手法といえます。

(2)手数料が比較的安い

またクラウド契約ファクタリングのメリットは手数料の安さです。各ファクタリング会社の手数料相場は下記のようになっています。

クラウド契約ファクタリングの手数料相場は3〜8%前後で、2社間ファクタリングの手数料相場は10〜20%前後、3社間ファクタリングは2〜10%が相場です。

また金融機関に融資申込みをする場合は手数料以外にも多くの費用が発生し、借入となると利息もつきます。そのため資金調達を行うだけで、多くの費用が発生し資金繰りが難しくなることもあるでしょう。

しかしクラウド契約ファクタリングの場合は手数料が安く設定されており、債権譲渡登記費用・諸費用なども発生しないことが多いため、無駄なコストを抑えて資金調達できるのがメリットです。

2社間と3社間ファクタリングの違いとは?メリットやデメリットはこちらの記事で解説しています。

(3)オンライン完結で郵送や面談が不要

紹介してきたようにクラウド契約ファクタリングはオンライン完結のため、郵送や面談といった手間がないのもメリットです。

対面型ファクタリングの場合は業者の店舗に足を運ぶ必要があり交通費が発生します。また提出書類を送る場合には、郵送費用が必要となります。

交通費や郵送費は大きな金額ではありませんが、余計な経費がかかりオンライン完結ファクタリングと比較すると手間がかかります。

往復の移動時間や郵送書類の印刷・発送など本来は別の仕事ができた時間も、ファクタリング利用に時間を使ってしまうことになります。しかしクラウド契約ファクタリングならそうした手間や時間を削減して申込ができます。

(4)個人事業主やフリーランスも即日入金・少額債権も対応

またクラウド契約ファクタリングでは個人事業主やフリーランスなども利用が可能で、少額債権にも対応しているのもメリットです。

一般的にファクタリング会社では買取可能な下限金額を設定していることが多く、数十万円〜数百万円が下限の会社もあります。しかしクラウド契約に対応しているAIファクタリングの場合は、買取の下限がない・1万円などの少額債権にも対応しています。

これまでのファクタリング会社では数十万円といった少額ファクタリングは、取り扱っていないことが多かったです。理由としては金額が大きくても小さくても同じ審査・事務処理を行うため、手間の割に利益幅が小さいためです。

しかしAIファクタリングなどの場合は上記にような手間やコストを削減しているため、フリーランスや個人事業主などの少額の売掛債権も取り扱っています。

例えばQuQuMo(ククモ)日本中小企業金融サポート機構は買取制限がなく利用ができ、labol(ラボル)ペイトナーファクタリングは1万円からでも買取対応を行なっています。

(5)地方在住・遠方からでも利用可能

東京や大阪・福岡・名古屋など大都市ならばファクタリング会社も多く存在するため、探すのにも苦労はしません。

一方で地方や交通の便が悪い地域の場合は請求書買取・ファクタリングを行っている業者までの距離が遠い場合もあるでしょう。一般的に大都市の方が企業は集中するため、このような状況になります。

しかしクラウド契約ファクタリングであれば、オンライン完結のため地方に住んでいるハンデも関係なく利用できます。インターネットやスマホさえあれば、いつでも・どこからでも売掛債権の売却相談ができます。

即日入金のクラウド契約ファクタリングおすすめ会社10選

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

PayToday – 手数料1%〜/最短30分入金/AI審査で簡単手続き/スマホで簡単即日入金

PayToday(ペイトゥデイ)最短30分で即日入金・手数料は1%〜から利用ができる完全オンライン完結型のAIファクタリングサービスです。

累計申し込み金額は100億円を突破しオンラインのため日本全国どこでも対応が可能です。また初期費用・月額費用も0円から利用ができフリーランス・個人事業主にはおすすめのファクタリングです。

手数料は金額によって異なりますが1%から利用が可能と業界最安水準の手数料・取引先への通知が不要で返済期日が守られている限り通知は行われません。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜9.5%30分10万円〜直近の確定申告書B一式
直近6か月分以上の入出金明細
請求書・本人確認書類

バイオン 完全オンライン完結のAIファクタリング/即日入金可能/最短60分

バイオンは即日審査・即日入金に対応しているAIファクタリングです。申込みから契約締結までが全てオンラインで完結するため、スピーディーに資金調達が可能です。

またフリーランスや個人事業主でも利用を受け付けており、資金繰りを改善したい小規模法人におすすめのAIファクタリングです。買取金額も上限がないため、大きな売掛債権の売却検討している方でも利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分5万円〜上限なし本人確認書類/請求書
全銀行口座の入出金明細(3ヶ月分)
直近の決算書

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。必要書類としては請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングサービスです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間上限下限なし売掛先からの入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

クラウド契約ファクタリング4つのデメリット

次はクラウド契約ファクタリングの3つのデメリットについて解説していきます。

  • AI審査の場合は融通が利かず審査の柔軟性が低い
  • 完全オンラインに対応しておらずWeb面談が必要な場合がある
  • 基本的には2社間ファクタリングが多い
  • 必要書類は全てデータ化が必要

(1)AI審査の場合は融通が利かず審査の柔軟性が低い

AIファクタリングの場合はアルゴリズムで機械的に審査を行うため、柔軟性が低く融通が利かないのがデメリットです。

一部でも審査基準を満たしていない場合は審査落ちとなってしまい、数字からは測れない地域からの信頼性や経験などは考慮されず、売掛債権の信頼性のみが審査では重視されます。

店舗型のファクタリングであれば多少の懸念事項がある売掛債権であったとしても、担当者と利用者の信頼関係があればある程度は柔軟に対応してもらえることもあるでしょう。

しかしAIファクタリングの場合は、担当者はつかず審査はAIが行うため、審査に融通を利かせるといったことはないでしょう。そのため審査に通過するか不安な売掛債権がある場合は、従来型のファクタリング会社を利用する方が審査通過率は高いかもしれません。

ファクタリングの審査基準や通過率を高めるコツファクタリング審査に通らない理由はそれぞれの記事で解説しています。

(2)完全オンラインに対応しておらずWeb面談が必要な場合がある

クラウド契約ファクタリングといっても完全オンラインではない業者の場合もあります。例えば提出書類はオンラインでOKだが、オンライン面談が必要といったケースです。

自宅やオフィス近くにファクタリング会社が存在しない場合は、業務が忙しく時間を作れない利用者にとっては、完全オンラインファクタリングではない場合はデメリットとなります。

完全オンライン完結のファクタリングであるかどうかは、しっかりとホームページを確認しておきましょう。基本的には必要な情報や提出書類は公式HPに記載されているケースがほとんどです。

面談なし・不要のファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

(3)基本的には2社間ファクタリングが多い

2つ目のデメリットとしては3社間ファクタリングに対応しておらず、2社間ファクタリングがメインであるという点です。審査スピード・即時入金がメリットのクラウド契約ファクタリングでは、時間がかかる3社間ファクタリングには未対応の会社が多いです。

3社間ファクタリングの場合は売掛先に債権譲渡通知・承諾を行うため、2社間ファクタリングよりも時間がかかってしまいます。

また3社間ファクタリングの方が売掛先に通知を行う観点から、二重譲渡や架空請求といった詐欺行為になるリスクが低いため、手数料はやや低めに設定されていることが多いです。ファクタリングの手数料相場や費用内訳についてはこちらで解説しています。

  • 3社間ファクタリングの手数料:1〜9%
  • 2社間ファクタリングの手数料:4〜18%

売掛先との関係も良好で、どうしても手数料を下げたい場合は3社間ファクタリングを利用しましょう。

(4)必要書類は全てデータ化が必要

クラウド契約ファクタリングでは申込から審査完了までWeb上で進行を行います。そのため一般的に必要となる身分証や請求書・入出金明細(通帳コピー)といった審査の必要書類は、Web上でアップロードを行うため全てデータ化する必要があります。

基本的にはPDFやスマホなどのカメラで写真を撮れば問題ないですが、スマホやPC操作に慣れてない方にとっては多少手間に感じるかもしれません。

利用するファクタリング業者によっては提出書類が多く、データ化に手間がかかる場合もあるでしょう。普段の業務を紙で行っている企業の場合は、デメリットになるといえます。

クラウド契約ファクタリングが向いているおすすめな人

web上で完結するクラウド契約ファクタリングがおすすめなのは、下記のような事業者です。

  • 地方在住で近くにファクタリング会社がない
  • 支払い期日が迫っていて即日・早期に現金化をしたい
  • 手間を省き申込みから契約・入金をオンラインで完結させたい
  • 個人事業主やフリーランスなど少額債権を売却したい

地方在住で近くにファクタリング会社がない

地方に在住で自宅やオフィスの近くにファクタリング会社がないという方は、クラウド契約ファクタリングがおすすめです。

Web上で完結するオンラインファクタリングでは、ファクタリング会社に訪問する必要がなくスマホやPCがあれば全国・いつでも審査申込み・手続きが可能です。

加えてWeb上で完結するため面談も不要で非対面で手続きができるため、時間を効率的に活用して資金調達を実施したい方に向いています。

支払い期日が迫っていて即日・早期に現金化をしたい

またクラウド契約ファクタリングは支払い期日が迫っていて、早期に現金化・即日入金をしてほしい方におすすめです。紹介してきたように、クラウド契約ファクタリングの中には最短10分〜60分で現金化、即日入金に対応している会社もあります。

審査申込みはWeb上で請求書や身分証などの必要書類をアップロードするだけで完結するため、複雑な手続きが不要でスピーディーに資金調達ができます。

事前に審査に必要な書類や手続きの準備ができていれば、即日入金で審査申込みの当日に現金化が可能です。中にはビジネスローンよりも早く現金化ができるAIファクタリングもあるため、早期に資金調達をしたい方におすすめです。

手間を省き申込みから契約・入金をオンラインで完結させたい

Web上で完結するクラウド契約ファクタリングは、業務で忙しく申込みから契約締結・入金までを全てオンラインで完了させたい方におすすめです。

必要な提出書類はスキャンしておくか、スマホなどで写真を撮っておくだけで問題ありません。また契約締結についても電子契約サービスを採用しているため、スマホやPCさえあれば面談や郵送手続きも不要でファクタリング利用ができます。

一般的な融資を申し込む場合には対面手続きが必須ですが、完全オンラインファクタリングでは上記のようにスマホやPCがあれば、いつでも審査申込みや手続きが完了できます。

加えてクラウド契約ファクタリングはWeb上で完結するため、申し込む場所も問わないので全国のどこからでも・いつでも好きなタイミングで資金調達ができます。

通常の業務で忙しく面談の時間や郵送の手間をなくしたいという事業者には、非常におすすめの資金調達方法といえます。

個人事業主やフリーランスなど少額債権を売却したい

またクラウド契約ファクタリングでは個人事業主やフリーランスにも対応しており、中には1万円からといった少額債権も取り扱っている会社もあります。

特に近年登場しているAIファクタリングでは個人事業主やフリーランスも得意としており、ペイトナーファクタリングlabol(ラボル)では1万円から、QuQuMo(ククモ)は買取の上限や下限などの制限がなく利用ができます。

スピーディーに資金調達をしたい場合は2社間ファクタリングの利用が一般的でしたが、は売掛債権の二重譲渡リスクを防止するために、債権譲渡登記ありの契約を締結を求められるケースがあります。

債権譲渡登記とは保有している資産が譲渡されたことを公示する登記制度で、債務者以外の第三者が介入した際の抵抗要件となります。3社間ファクタリングの場合は売掛先から合意を得ることで、この要件を満たすことができます。

また債権譲渡登記は法人企業に限定されるため、個人事業主は実質的に審査申込ができなくなります。しかしAIファクタリングや完全オンラインファクタリングの場合は、債権譲渡登記が不要なケースも多く個人事業主やフリーランスでも利用できます。

そのため資金繰りに困っているフリーランスや個人事業主の方でも、最短即日で現金化・資金調達ができるのでおすすめです。

クラウド契約ファクタリングでよくある質問

他社利用中でもファクタリング利用は可能ですか?

他社利用中でもファクタリング利用は可能ですか?
他社利用中でもファクタリング利用は可能です。ただし1つの売掛債権は1社のファクタリング会社にしか売却はできません。1つの売掛債権を複数のファクタリング会社に売却する行為は、二重譲渡と呼ばれ違法行為に該当します。

詳細についてはファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?注意点ファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社の記事で解説しています。

オンラインで即日入金のクラウド契約ファクタリング会社はどこですか?

オンラインで即日入金のクラウド契約ファクタリング会社はどこですか?
クラウド契約ファクタリングで即日入金に対応会社は下記の業者です。
ペイトナーファクタリング
PayToday(ペイトゥデイ)
QuQuMo(ククモ)
labol(ラボル)
FREENANCE
日本中小企業金融サポート機構
yKJVapyt_bV7f3P6AFocIRX1gNiNKHpE8IZJvSUCE_M